社員研修の助成金について

キャリアアップを応援する助成金


従業員を対象に職業訓練などのキャリアアップの取組みを行った企業に対する助成金として「キャリアアップ助成金」「人材開発支援助成金」があります。
「キャリアアップ助成金」は非正規雇用の従業員を対象としていて、従業員が業務に関する知識が少なく集中的な教育や訓練が必要な場合などに助成されるため、多くの業種で活用できる助成金となっています。
一方、「人材開発支援助成金」は主に正社員を対象として、専門的な技術や知識を身につけるための職業訓練などを計画に基づいて行った事業主に、職業訓練にかかった経費や賃金の一部を助成する制度です。介護事業や建設業、製造業など幅広い業種で資格取得やスキルアップのための研修などに活用されています。



従業員のモチベーションアップのために


企業が設定する従業員のキャリア形成において、年齢や役職、就業年数などの節目に定期的にキャリアコンサルティングを受ける機会をセルフ・キャリアドックといいます。このセルフ・キャリアドック制度が「人材開発支援助成金」のキャリア形成支援制度導入コースが組み込まれています。人材開発を支援することによって、従業員のモチベーションアップや企業の生産性の向上が期待されます。
従業員の職業訓練や人材育成は、企業の将来に関わる大事なものです。しかし、職業訓練などにコストや時間をかける余裕のないところも少なくありません。社員研修に関わる助成金は、制度の改正もあり条件が緩和されているものも多くあります。従業員のためにも事業主のためにも助成金を上手に活用して役立てていきたいものです。